つなブロ

青年海外協力隊として、ナミビアの大西洋に面した街ヘンティスベイで町づくりの手伝いをしています。協力隊活動に関すること、ナミビアでの生活に関すること、自分の住む街や訪れた街に関することなどいろんなテーマについてお伝えできればいいなと思ってます。

赴任して1年。ナミビアに持ってきて良かったもの、必要がなかったもの、持ってきたら良かったもの!まとめ

赴任して1年が経過しました。今回はタイトルの通り、ナミビアに持ってきて良かったもの、持ってくる必要がなかったもの(ほとんど使っていないもの)、持ってきたら良かったもの(持ってくるのを忘れたものも含む)をまとめたいと思います。(※パソコンなどの電子機器については必須なので除いてます。)

f:id:tsunablo:20170401210239j:plain

 

荷物についてはそれぞれの環境によるところが大きいと思うので参考程度に見てもらえれば幸いです。

 

持ってきて良かったもの

   蚊よけのスプレー

 これは部屋に散布するタイプのスプレーで、自分の持ってきたのは1プッシュで24間効果が持続するというスプレーです。肌に塗るクリームやスプレーなどはナミビアに数多く売っていますが、空間に散布して蚊をいなくするタイプのものはあまり売っていないですね。蚊が結構いるナミビア北部に行くときには必ず持って行っています。ちなみに日本から3本持ってきているんですが、赴任から1年経過してまだ1本使い切っていないので、ちょっと多かったですね。

 

② 寝袋

 ナミビアでも売られてはいますが、畳んだ時の容量が大きくて荷物がかさばるので、やはり日本で購入したコンパクトな寝袋が最高ですね。ナミビア国内旅行では隊員の家に泊まったりする時やキャンプをするときに結構寝袋を使うので便利ですね。

 

ユニクロの服

 ナミビアには安くて品質のよい衣類はあまりないですね。例えばシャツ、下着や靴下などは生地が薄くて、数回洗濯をすると伸びたり、破れたりしてしまいますね。自分の場合、ダウンジャケット、Yシャツ、Tシャツ、下着など、衣類のほとんどがユニクロだったんですが、品質の良さを痛感します。特にユニクロのダウンジャケットは寒いヘンティスベイではかなり重宝してます。コンパクトにまとまって荷物にもならないし、防寒性能もいいしホント最強ですね。

 

④ 作業着

 今現在、配属先から支給された作業着を着ているんですが、やはり日本から持ってきた作業着と比較すると作りが簡易的で生地も薄く耐久性も弱いですね。そもそもナミビアの作業着は現場を管理する人のためのものではなくて、現場で実際に作業する人達用なので、どうも使い勝手が悪いです。比べて日本から持ってきた作業着は、ペンを入れる小ポケットもあるし、野帳や電卓の入るサイズ大きなポケットもある。ホント現場管理を考えた作りになっていますよね。そして生地もしっかりしていて耐久性抜群です。現場で作業する職種の人は自分の使いなれた作業服を持参することをお勧めしますね。

 

⑤ 包丁などの台所用品

 包丁、ピーラーなどはやはり日本製のほうが切れ味がいいですね。ナミビアでも売っていますが、研がないとすぐに切れなくなってしまいます。それから箸や菜箸はナミビアのチャイナショップで売っていますが、長さや太さが違ったりして使い勝手が悪いので、持参することをお勧めしますね。まな板はどこでも売っているので持ってくる必要はないと思います。

 

⑥ セルフヘアカットセット

 近所にはヘアカットをしてくれるところがあり一度行ってみたことがあるんですが、自分のイメージ通りにはならなかった(笑)ので、それ以来持参したセルフヘアカットセットで散髪しています。ナミビアにもカットばさみが売っていますが、重宝しているので自分的には持ってきて正解ですね。

 

⑦ クレジットカード

 例えば任国外旅行の航空券の購入や任国内旅行のツアーや宿の申し込みなど、インターネット決済のみで購入現金決済や現地銀行のキャッシュカードが使えない場合が結構多く、クレジットカードは必須ですね。国内手当を使っていることになるのであまり使いたくないんですが。

 

⑧ ダイヤル錠

 旅行の際の防犯対策として必須ですね。バックパック、リュック、ショルダーバックなど結構使います。ナミビアにも旅行用品店などで売っているので日本では必要な分だけ買って持ってくればいいと思います。

 

持ってくる必要がなかったもの

   印鑑

 全く使っていないです。確か赴任前オリエンテーション資料に持ってくるように書かれてたと思いますが、いつ使うんでしょうかという感じです。

 

② 折りたたみ傘

 任地ヘンティスベイでは雨はほとんど降らないですね。ナミビア北部では結構降りますが、雨宿りして雨が止むのを待つか、レインコート(ウインドブレーカー)で十分のような気がします。任期終了後日本に到着して雨が降っていたら使うくらいしか使う機会がない気がします(笑)。

 

③ 日焼け止め

 ナミビアには色々な種類の日焼け止めが売っており、紫外線カット性能もSPF50など

小様々ありますね。なのでわざわざいくつも日本で買ってくる必要はなかったです。

回に使用する分だけで十分だと思います。

 

④ 日本に関する本

 何か使う機会があるかなと思って持ってきましたが、これまでさほど使う機会があり

せんでした。ナミビア支所に行けば先輩隊員が置いていった本があるし、必要があれ

インターネットで検索できます。現地の人から日本に関して聞かれる質問は自分の分

る範囲で答えてしまいますしね。

 

⑤ 電子辞書

 これについては全く使っていないです。分からない単語はインターネットや携帯のアプリで調べられるので、必要ないですね。そもそも派遣前訓練のために購入しましたが、その時もインターネットと携帯のアプリを使用していて電子辞書は使用していませんでしたね(笑)。

 

持ってきたら良かったもの

   TOEICのスコア証明書

 これについてはもってくるのを忘れていたんですが、派遣中に就職活動をする場合

(帰国後すぐに就職できるように活動する場合)には必要ですね。特に国際協力分野で

の就職を目指している人にとっては必須だと思います。最近ふとTOEICのスコア証明書

が欲しいなと思ったので、自分は日本の両親にお願いしてスコア証明書の写真を撮って

もらい、そのデータをメールで送ってもらいました。

 

   国内銀行口座のインターネットバンキングカード

 口座の残高や年金など国内の支払い状況を確認したいなと思う時がたまにありますね。自分はインターネットバンキングカードを持ってきていないので確認できないですが、やはりネットから自分の口座内容を確認できるのは便利だと思います。

 

まとめ

今回はナミビアに持ってきてよかったもの、持ってくる必要がなかったもの、持ってく

ればよかったものをまとめてみました。これから荷造りをする方の参考になれば幸いで

す。補足ですがナミビアだから持ってきたほうがよいものとしては防塵(防水)のデジ

タルカメラがありますね。砂でやられたという話を結構よく聞きますね。ナミビア観光

のハイライトであるナミブ砂漠へ行く場合には防塵のカメラが必須です。防塵機能がつ

くと結構高いですが、安いのを買って壊れるよりはいいと思います。参考にしてみてく

ださい。

 

それでは今回はこのへんで。

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。ブログランキングに参加しています。下記クリックしていただけると更新の励みになります。

↓↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ