読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つなブロ

青年海外協力隊として、ナミビアの大西洋に面した街ヘンティスベイで町づくりの手伝いをしています。協力隊活動に関すること、ナミビアでの生活に関すること、自分の住む街や訪れた街に関することなどいろんなテーマについてお伝えできればいいなと思ってます。

青年海外協力隊の自宅をご紹介 Part 2 !

青年海外協力隊 ナミビア

今回は私の自宅を紹介したいと思います。だいぶ前のブログで自宅の様子をお伝えしたので記事にするのは今回で2度目です。

 

それはなぜか。。。。。。

 

そうです!

 

新居へ引っ越しをしました (/・ω・)/!

 

しかも。。。。

 

新築です!

 

今まで住んでいた家は仮住まいというか、本来住む予定だったところの工事が終わっていなかったのでその工事を担当する会社の社長さんが自分の家を空けてくれて、そこに住んでいたというわけです。

 

その社長さんというのはヘンティスベイ町役場のCEO(役場のトップ)だった人で今は家を作って売ったり貸したりする仕事をしている人です。結構なお金持ちであちこちに家をもっているようで、家一軒空けて貸すのは問題ないようでした。庭付きの家族用の大きな家を提供してくれて自分ひとりが住むのは大きすぎるくらいだったんですが、家具がついていて住みごこちは最高だったんで、引っ越しするのはちょっと残念でしたね。

 

以前のブログで紹介した自宅の記事はこちら

↓ ↓ ↓ 

tsunablo.hatenablog.com

 

今回はPart2と題して、正式な住まいとなる私の新居を紹介したいと思います。

   

ナミビア青年海外協力隊の自宅とは

新居は今まで住んでいたところと目と鼻の先だったので引っ越しも結構楽でしたね。荷物の移動は配属先の同僚に手伝ってもらってすぐ終りました。

 

塀に囲まれたエリアにいくつかの住宅(10棟くらい)があり、その中の1つが私の住む新居となっています。塀に囲まれているので安全面では問題なさそうです。

 

そして新居の外観です。新築とあってほんと綺麗です。家自体が塀に囲まれているため窓には侵入防止用のバーグラーバー(鉄格子)はついていないです。

 

こちらが正面の写真。

f:id:tsunablo:20160911182055j:plain

 

こちらが側面の写真。側面にも扉がついていますが鍵をかけていて普段は使いません。家に入るのは正面の扉を使います。なんでもこの側面にある扉は将来拡張する計画でつけた扉だそうです。つまり写真の手前側に新しい部屋が増築されて、部屋と部屋をつなぐ扉になるってことですね。今は1人用の家になっていますが、私が帰国した後に増築して他の人に貸す計画だそうです。

f:id:tsunablo:20160911182419j:plain

 

そして家の間取りですが1LDKです。入口を入ってすぐにキッチンとリビングダイニングがあります。寝る時以外はこの部屋で過ごしています。家具がほとんどない(あるのは配属先に準備してもらったテーブルとイス、冷蔵庫くらいです。)ので殺風景ですが。というのも今まで住んでた家には社長さんの家具がついていたのでほとんど家具を買っていませんでした。今度時間があるときにソファでも買おうかと思っています。

f:id:tsunablo:20160911183708j:plain

 

 こちらがキッチン側。完成直後はシンクしかなかったんですが、それでは調理器具を置くところや料理をする場所がないとのことで、配属先が使い古した棚をどこからか見つけてきてくれて設置してくれました。ただ扉がついていない棚だったので、自分で余ったカーテンをつけて扉にしてみました。どうでしょう。

f:id:tsunablo:20160911184050j:plain

 

そして寝室です。立派なクローゼットがついていて素晴らしいです。ただ上の棚は届かないんだよなー。普段使わない物を入れておくしかないんだけど。

f:id:tsunablo:20160911184606j:plain

f:id:tsunablo:20160911185458j:plain

 

この寝室の隣に洗面所とシャワー室があります。ただとびらがついていないんですよね。扉の枠はついているのでこれまた拡張する計画のようですね。一人なら扉なしでもいいんですけど、JICAボランティアの仲間などお客さんが泊まりに来た時とか不便ですよね。なので自分でキッチンの棚同様、余ったカーテンをつけてみました。

f:id:tsunablo:20160911185844j:plain

f:id:tsunablo:20160911190715j:plain

f:id:tsunablo:20160911190740j:plain

 

以上、新居の様子をご紹介しました。新築で1人で住むには十分な広さもあってほんと恵まれていると思いますね。こんな家を準備してくれた配属先に感謝感謝です。

   

新築と言えどやっぱり発生する諸問題

電気がつかない、シンクから漏水、シャワーを浴びようとするとお湯がでない。。。

 

新築だからといって全てが機能することはやはりないようです。入居してすぐ上記の問題があることが分かりましたね(笑)。日本ではありえないですよね。オーナーに言って配管工、電気工を手配してもらいましたが、彼らもなかなか来ない。まあこんなもんですよね。いつものことなので慣れてしまいました。結局彼らが来て全ての修理が済んだのは要請から5日後でした。早いほうかな。

 

一生懸命に直してくれてました。

f:id:tsunablo:20160911191850j:plain

f:id:tsunablo:20160911191911j:plain

   

まとめ

今回はナミビア・ヘンティスベイにある私の自宅をご紹介しました。自宅は塀に囲まれた住宅エリアの一角にある新築1LDKの家で、1人で住むには十分なほど広く、寝室にはクローゼットもついた素晴らしい家でした。洗面所には扉がついていないなどちょっと不便なところもある家でしたが、余ったカーテンを使って扉がわりとしてみたりもしました。

 

ボランティアにはもったいないほどの住みごこち最高の家ですね。任期終了まで綺麗に使っていきたいです。

 

それでは、今回はこのへんで。

 

ここまで、お読みいただきありがとうございます。ブログランキングに参加しています。下記クリックしていただけると更新の励みになります。

↓↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ